【Connect IQ:Garmin】Watch Facesの ”Analog Digital Watch Face”ゆる~いレビュー 。あえて設定項目が無いという選択!

Analog Digital画面 ガーミン活用術
スポンサーリンク

CIQアプリ<Watch Faces>”Analog Digital”の特徴

 Garminの腕時計は「Connect IQアプリ」でカスタマイズや機能アップが可能になっています。
今回はWatch Faceの中でも私が利用している”Analog Digital”を紹介したいと思います。

”Analog DigitalのWatch Face画面
:”Analog Digital”の素晴らしい特徴

シンプルで見やすい!
②アナログ時計とデジタル時計が1画面で見やすい。
③”秒針”表示あります。
  ※時計を見る動作(リストターン)で表示されます。

△:”Analog Digital”のイマイチな点

①設定変更できる項目はありません(評価が分かれる所)。
②情報量は少ない。
③”インスタ映え”はしません。

 Garminの腕時計はランニング以外にも通常腕時計としても優秀です。
もちろん使いやすく見やすいに越したことはありません。
 ”時計”以外の情報は極力排除したシンプルな”Analog Digital”を是非試してみてください。

今回ご紹介するWatch Faceはガーミンの『Garmin ForeAthlete 235J』でご紹介しています。

”Analog Digital”について

 ここからはWatch Faceは”Analog Digital”の画面となります

ここから画面説明となります。
画面番号と説明番号を合わせていますので参考にしてみて下さい。

 ※このWatch Faceではスマートフォンでの設定はありません。

”Analog Digital”の説明画面

①:デジタル時計表示
 →”24時間”表示に対応しています。

②:”秒針”
 →時計を見る動作(リストターン)で表示されます。

③:”バッテリー表示” →アイコン表示のみとなります。

④:曜日と日付表示

ん~・・・。シンプルですね!

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 一画面に”アナログ時計”・”デジタル時計”が確認され、表示項目もシンプルな
Watch Faceはいかがでしたでしょうか。

 賛否両論あるかもしれませんが”あえて設定変更できる機能が無い”時計も
シンプルで良いと思いご紹介させて頂きました。

 また以前『Garmin Connect IQ』の使い方で、”Watch Face”の変更方法を
ご紹介していますので、設定方法が不明な方はこちらもどうぞ。

以下の記事はGarminのトラブル解決方法10選です。

 最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント