【超簡単】失敗しないGarminの”保護用ガラスフィルム”交換方法

ガーミン活用術

Garminに”保護用ガラスフィルム”を貼っている?

私は大丈夫!
だってぶつけないし、お金がもったいないよ。

Garminを日常生活で使用している人にとって”保護用ガラスフィルム”は必須だよ。意外に時計はぶつけるからね。数万~数十万するGarminが傷付いたらショックじゃない?

...。(”冷や汗”出て泣くかも)

 今回は”保護用ガラスフィルム”のご紹介と、ガラスフィルム交換方法について紹介します。

今回ご紹介するWatch Faceはガーミンの『Garmin ForeAthlete 235J』でご紹介しています。

スポンサーリンク

保護用ガラスフィルムが”ひび割れ”【TRAN製】

Garminの保護フィルムひび割れ画像

Garminと同時に購入し4年経過しましたが、左の画像のように上部が欠け、傷(縦線)も入ってしまっています。
 保護用ガラスフィルムが無かったらと思うと”ゾッ”としますね。

 当時はTRAN(R) トラン製の『液晶保護ガラスフィルム』を購入しました。
現在は在庫切れらしく取り扱っていない模様です。

今回購入した”強化ガラスフィルム”【MAXKU製】

パッケージ画像

メーカーは良くしりませんでしたが、Amazonでレビュー件数も評価も高かった本製品を選択しました。

【選定のポイント】
・Amazonで高評価
・国産ガラス採用(日本旭硝子社製(AGC)ガラス素材)が使用されている。
・表面硬度9H
 ※9Hの鉛筆でこすっても表面に傷がつかないという意味の硬さ

パッケージの梱包内容の画像

左の画像はパッケージ内容です。
・フィルム×2枚
・クリーナーペーパー(WET,DRY)×2枚
・ホコリ取りと位置決め固定シール×2枚

ガラスフィルム交換方法

古い保護用フィルムを外した画像

①古い保護用ガラスフィルムをはがしましょう。爪楊枝でフィルムの端をクイッと持ち上げると簡単に取れます。
 ※保護用ガラスフィルムのみ割れており、Garminのガラス自体は無傷でした。左の写真は粘着テープが少しめくれていますが無傷です。

②粘着テープが”層”になって残っているので綺麗に剥がします。

新しい保護用フィルムを貼り付ける前の画像

③付属のクリーナーペーパー(WET,DRY)を使用して綺麗にします。
ホコリ取りシールを使用してホコリを取りましょう。
※この辺はセロハンテープでも代用可能です。
※ホコリが気になる場合は”お風呂場”で作業するとホコリが舞いずらいです。

④フィルム裏の剥離シートを剥がし、本体外側に合わせながら貼り付けましょう。
”指を離す”だけで自然と気泡も入らずに綺麗に貼り付ける事ができます。

 耐久性についてはまだ不明です。2枚入りなので貼り付け作業に失敗しても
安心ですね。(幸いにも作業ミスは無かった為、2枚目は”倉庫”行きです。)

今回の商品の良い点、イマイチな点

 今回紹介した2製品をまとめてみました。

比較内容【TRAN製】【MAXKU製】
使用ガラス
※不明

国産ガラス採用(日本旭硝子社製)
ガラスの厚み
約0.33mm

約0.3mm
表面硬度
9H

9H
サイズ感
ぴったり

ぴったり
取付け
普通
(クリーニングクロス付き)

簡単
(簡単取付けセット付き)
画面見やすさ
見やすい(少し光沢あり)

見やすい
値段
¥1,580

¥999
【TRAN製】と【MAXKU製】の比較一覧

【MAXKU製】まとめ

【MAXKU製】の保護用フィルムを貼り付けたGarminの画像
【MAXKU製】の保護用フィルムを貼り付けたGarmin
○:良い点

・簡単取付け、貼りやすい
・空気やホコリも入らない
・サイズ感ぴったり(Garmin ForeAthlete 235J)

△:イマイチな点

・2枚セットはいらないので1枚で”半額”にして欲しい

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 専用”保護用ガラスフィルム”なだけありサイズもぴったりです。
Garminは高価な腕時計です。1000円程度で大事なGaminのガラス面が保護できるなら
安い買い物では無いでしょうか(精神衛生的にも・・・)。

 また、Garminでは”ベルトループ(遊環)”の交換についても
ご紹介していますので是非ご覧になって下さい。

 最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント