【マラソン大会】『足つり』しない”裏技”教えます!(体験談)

左足がつりそうなランニングしている男性 マラソン大会
スポンサーリンク

マラソン大会前に『足つり』しない身体にできます(体験談)

 マラソン大会で足がつらない為の対処は色々ありますが、苦労せずにできる裏技
一つご紹介したいと思います(私の体験談です)。

 実際にフルマラソン大会で試してみて『足つり』は改善されました。
当日までの準備として”走力”はもちろん、『足つり』しない準備が非常に大事です。

『足つり』って”痛い”んです

 私は実はあまり”足がつった”経験が無いのですが、さすがに
初フルマラソン大会ではゴール手前で足がつり、足を引きずりながら
ゴールした経験があります。

 足がつるって、結構痛いんですよね。タイムもかなりロスしますし、
コース途中だと最悪棄権など考えてしまいます。
(※足がつった際のイメージは”ピキッ!ピキッ!” と筋肉が悲鳴をあげます)。

足がつならい為の準備ってほんと大切だと痛感しました。

『足つり』の原因

 『足つり』が発生する原因や要因を考えたいと思います。

それは「疲労」と「発汗」です。

 ランニングという長い時間足を酷使する状況下で筋肉が収縮し、
ケイレンが起こります。

 ※ケイレンとは・・・・
 脳の指令には 電気信号という形で神経を通じて、筋肉に届けられます 。
 指令に反して筋肉が収縮してしまうとケイレンが起こります。

 ケイレンが発生する要因としては一般的には以下と言われます。

  1. 筋力不足や筋肉の使いすぎによる筋肉疲労
  2. 水分やミネラルの不足       ←【これです!】

1.についてはやはり日々のトレーニングで”走力”をつけましょう。
ここでは、上記2.にスポットを当てた”裏技”を紹介したいと思います。

氷の入った冷たい水(ライムとレモン入り)

”水分やミネラルの不足”について

 水分やミネラル(カルシウム(Ca)・マグネシウム(Mg)・カリウム(K)
・ナトリウム(Na))が不足すると、筋肉や神経が興奮しやすくなります。

そのため筋肉をうまく収縮できなくなり、足がつってしまいます。

 この水分やミネラル分をレース前・レース中にしっかり摂る事が非常に大切です。
のどが渇いてからでは遅い!」「給水はこまめに!」など言われます。
レース中に水分補給や、補給食などで皆がエネルギー消費を押さえようとします。

 さてここからが本題です。

今から紹介する、マラソン大会”前”からの意識・行動で『足つり』が改善できます!
(本記事で紹介する”裏技”です)

マラソン大会”前”からの仕込みで『足つり』改善!

瓶のフタを力一杯開けようとする男性

 その裏技は・・・・・

”体内に水分ミネラルを長く閉じ込めておく

です。
要はレース最後まで水分やミネラルが持続し不足しなければいいという事です。
ではその具体的な方法にうちてご説明します。

 それは今から説明する”ある飲み物”を、”マラソン大会数日前から飲み続けます”。
目安は1日2本~3本!

 私はマラソン大会の3日前から飲み続け、スタートする直前まで飲み続けます。
たったこれだけです!そうです”ある飲み物”です。

その”飲み物”とは

その“ある飲み物”とは

ポカリスエット イオンウォーター』です。


ポカリスエット』ではないですよ。
ポカリスエット イオンウォーター』です。

 たったこれだけです。
でもイオンウォーターってなかなかお店に売ってないんですよね・・・。

はい、当然以下の質問にもお答えします。

 「ポカリスエットとの違いは何ですか? 」

答え
 両方とも脱水時に水分・電解質を補給するためにもっとも適した飲み物です。
ただし、ポカリスエットイオンウォーターは汗をかいていない日常シーンにおいて
水分・電解質を適切に補給する為にナトリウム量や甘味料を調節した、飲み物です。

 ただ注意事項があります。
コーヒーとアルコールはなるべく飲まないようにしましょう。
それはカフェインによる『利尿作用』が働き、せっかく身体の中に閉じ込めた
水分やミネラルがレース開催前に逃げてしまい無駄になってしまいます。
ですので、大会2~3日前は我慢画面です。これだけは注意です。

 ※ カフェイン
 カフェインを含むコーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・コーラ、カリウムを多く含む
 トマトジュース・牛乳・赤ワイン・ビールなど、これらのカフェイン・
 カリウムを含む食品・飲料には「利尿作用」があります。

ホットコーヒーとそれを囲むコーヒー豆

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 答えは『ポカリスエット イオンウォーター』でした。 

 マラソン大会2~3日前から飲み物に対する意識・行動を変えるだけで
『足つり』対策が可能です。
もちろん併用してレース中の水分補給や補給食は通常通り行って下さい。

 コーヒーやアルコール等の「利尿作用」がある飲み物だけはご注意ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメント